痛みの再発を予防するリハビリ

痛みの再発を予防するリハビリ 腰痛やひざ痛など体の部位に痛さがあると、日常生活にも支障を来してしまいます。鎮痛剤や湿布、注射の治療を医療機関で受けていても、なかなかすっきりと改善しないことも多くあります。
そのような時には、接骨院でのリハビリ指導も有益な方法として勧められています。
接骨院では、ゆがみを正したり血流をよくしたりすることで、痛みを軽減することを目指していますが、同時に痛みの再発を予防するためのリハビリも指導してくれるので、毎日継続してその運動を行うことで筋力アップや可動域の維持にもつながります。 家庭ではなかなか継続的に行えない運動も、接骨院であれば出向くことによって意識も高まり継続して行うことがしやすくなるでしょう。
習慣的に家でもできるリハビリを指導してもらい、日々行うことによって痛みの再発をしっかりと予防できます。

運動療法とは?

運動療法とは? 接骨院で行われる運動療法とは、痛みが長く続いている関節やこわばった筋肉や筋力が低下した部位に対して、トレーニングや体操によって関節の動きを改善し、運動の再学習を行う療法です。
関節の曲げ伸ばしによって関節の可動範囲を広げたり、歩行訓練などの運動で日常生活の動作に必要な筋肉をつけたりすることで、動きをスムーズにすることが運動療法の目的です。
接骨院では、生活習慣の中で使いすぎて弱くなった筋肉や関節を特定して、動かすことで症状の改善を目指します。トレーニングや体操の内容は、それぞれの症状によって異なってきますが、ダンベルやストレッチポールやゴムボールなどが用いられることもあります。
運動療法は、関節や筋肉の痛みを改善するだけでなく、運動時の血圧の上昇の抑制や、糖代謝や脂質代謝の改善にも繋がるので、高血圧や動脈硬化や糖尿病や高脂血症や心疾患などの様々な生活習慣病の予防にも、高い効果を発揮してくれるのです。

おすすめWEBサイト

最終更新日:2017/8/24